寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< 企業と森林の関わり 保健・レクリエーション機能編 | main | 企業と森林の関わり 〜森林のエネルギー・物質生産 機能編 >>
企業の森林との関わり方〜森林・里山での体験プログラム企画・実践編
企業の森林との関わり方の一つに、森林や里山をフィールドにした体験プログラムや森林環境教育を実施するという取り組みがあります。自然や森とのふれあいや学びを目的に、林業体験や里山生活体験、自然体験教室など内容は多岐に渡ります。

たとえば、育児関連用品のメーカーが「樹を育てる」ことと「子供を育てる」との関連性に着目して、消費者となる親子に樹を実際に植林してもらうプログラムを毎年一回主催したり、
エネルギー会社が地域の子供たちを対象に森林での自然観察会やネイチャーゲームを楽しめるプログラムを定期的に開催したりするなど、多くの企業がCSR活動の一環として取り組んでいます。
さらに、新入社員研修や、昇級に関る研修等で森林保全活動を取り入れる企業もあります。
また、これらの運営に当たっては安全確保やプログラム指導について専門性や技術が必要となるため、NGO/NPOや森林組合等との協働によることが多いようです。

森林は人間にとってリフレッシュをしたり、レクリエーションを楽しんだりする場であるだけでなく、自然について知り、自然と人間がどのように関っていくべきかを学ぶ場所でもあります。

企業が、社員や地域住民、一般消費者といったステークホルダーを森林に招き、このような体験を得る機会をつくるということは、それだけでも大きな社会的意義があることです。

さらに、地域との連携を含めた継続的な取り組みであれば、地域の人々にとっても、森林を含めた地域の価値を改めて見直す機会となり、プログラム参加者との交流をきっかけにした地域の活性化を期待することもできます。
このように、放置されることで問題となっている日本の森林に目を向け、森林というフィールドを活用することは、業種に関わらず多くの企業にとって大変価値のある取り組みなのです。
| spfarm | 企業が取り組める森林保全・活用方法 | 11:18 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール