寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< 企業と森林の関わり〜環境教育効果編 | main | 企業と森林の関わり 保健・レクリエーション機能編 >>
企業と森林の関わり方〜社員の森づくり・緑化ボランティア参加編
 CSR・環境報告書を読んでいると、多くの企業が森林保全ボランティアについて掲載しています。その内容を見ると、有志社員による自主的な取り組みや支店や事業所単位での取り組みが主流のようですが、ここ数年は、全社をあげて社員ボランティアによる森林保全活動に取り組むケースが増えてきています。

 この社員が森林保全ボランティアに参加するという取り組みには実に多くの効果が期待できます。

 まず、実際に森林に行き地域の方々と触れ合いながら作業をすることで、森林の問題や大切さ、保全の重要性をより深く理解することができ、そこから環境問題に対する意識や関心の向上につながります。
 また、自然を相手にする共同作業は、その場の状況に対応する判断力や、リーダーシップ力が必要とされるため、それらの能力を養うことにも役立ちます。
 さらに、自分たちの手できれいに整備されていく森の中にいると、普段オフィスでは決して得られない達成感や一体感が生まれ、社員間の結束が高まるといった影響も出てきます。何より、都会の喧騒から離れて自然の中で汗をかくということは社員にとって、気分転換にもなり、リフレッシュ効果も期待できます。

 企業によっては、これらの取り組みを社員研修の一環として半強制的に行う場合もあれば、社員の自主性に任せる場合もあります。その内容も植樹や下草刈り、間伐などさまざまです。また目的に合わせて整備活動の前後にレクリエーションやワークショップを取り入れることもあります。
いずれにしましても、場所や季節、参加形態などを含め社員が参加したくなるようなプログラムや仕掛をつくることが大切です。また、安全面に関しては最大限の注意が必要となりますので、最初は地域をつなぐしっかりとしたプロのコーディネーターに相談することが良いかもしれません。

 このように、社員による森林保全ボランティア活動は、環境保全や地域保全に貢献しながらも、社員教育や保険休養、福利厚生にもつながるプロジェクトです。

 今後、CSRや環境経営を推進しようとするとき、社員の理解と協力を欠かすことはできません。そして、社員こそが、一番説得力のある環境コミュニケーション媒体と言っても過言ではないでしょう。

 地域に根付く“企業の顔”として、社員一人ひとりが地域の人たちと一緒に森林保全ボランティアに取り組むことは、社員にとって貴重な経験となるばかりでなく、
 企業にとっては社員を介して地域や各ステークホルダーとのコミュニケーションを図り、社会的な信頼を得ることにもつながっていくことにもなるのです。


「企業と森林の関わり〜環境教育編」





| spfarm | 企業が取り組める森林保全・活用方法 | 13:17 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール