寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< 企業と森林の関わり 〜地球温暖化編 | main | 企業と森林の関わり 〜水資源編 >>
企業と森林の関わり方〜森林や里山保全・保護団体等への支援、寄付編
今回は、「企業が取り組む森林と里山保全・活用マトリックス」
カテゴリーA[森林や里山保全・保護団体等への支援・寄付]
森林や里山の保全活動に必要な資金支援、あるいはそれらに必要な土、苗木、その他道具等の物質的な支援をすることを取り上げます。 

この支援・寄付活動とは、理念や目的、その活動に共感できる森林保全団体へ支援することで間接的ではあるものの森林保全に貢献することができる取り組みです。

企業にとっては、専門的な知識や大きな手間も必要なく、支援の継続年数や金額などは自社の都合に合わせて決定できるので、比較的取り組みやすいと考えられます。たとえ少ない額でも継続的な支援は森林保全団体にとって大切な活動資金となり、健全な森林を維持していくためには大変重要な「森林との関わり方」と言えます。

また同様に重要なのが、その報告をどのように行うかです。
本来であれば、支援・寄付活動を行う理由、団体の選定方法、助成金額などの詳細をウェブや報告書などで報告すべきですが、環境保全団体の名前だけを記載している企業も少なくありません。

社員や一般消費者、投資家は、その企業が何に関心があり、どのような取り組みを推進しているのか、また、その企業が共感して支援する環境(森林)保全団体とはどのような団体なのかといった情報を企業の報告によって初めて知ることができるのです。

「報告する」ということは、社内外に「森林保全活動に貢献する」意思を示すことでもあり、そのためには寄付や支援に対する社内的な位置づけを明確にする必要があります。
そしてその報告の仕方によって、社会からの支持や信用を得たり、社内外の環境意識や取り組みに対する支持を高めたりすることが可能になってきます。

現在、日本にとって森林整備が急務であるにも関らず、深刻な資金不足が問題になっています。このような社会的な動きの中、企業のさまざまな参画が求められていますが、支援・寄付というのは比較的取り組みやすい関わり方ではあります。その際、企業の社内での位置づけを明確にし、企業姿勢をきちんと説明できるかどうかでその取り組みの価値も変わってくるはずです。

今回は純粋な森林保全団体への支援をテーマにしましたが、次回以降には、社員や消費者を巻き込んだ取組などもご紹介していきます。
| spfarm | 企業が取り組める森林保全・活用方法 | 17:32 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール