「環境教育」「森林教育」
同じ自然の中で行われる教育でも、ずいぶん違うようです。

例えば、同じ森林の中で子どもを対象にした場合だと、
「環境教育」=森林などの自然をフィールドに環境のことを学んでもらう
「森林教育」=森林・林業問題を、体験を通じ子どものころから学んでもらう

この違いから、環境教育をテーマにしたシンポジウムなどの集まりを行うと森林教育に関心がある方がほとんど来ないし、逆に森林教育をテーマにすると環境教育に関心がある方はほとんど来ません。
まるで環境省と林野庁の管轄の違いのようにはっきりしています。
しかし、森林の中で子どもに何か伝えたいという思いは同じではないのでしょうか。
双方とも、とてもいいノウハウが蓄積されています。
例えば、環境教育は自然の中で子どもたちの五感を働かせ、楽しませるいいプログラムをたくさん持っているし、森林教育では森林を取り巻く社会状況を分かりやすく説明し、安全に林業体験ができるプログラムを持っています。

行政の縦割りではないのだから、
もっと情報交換して協力しあえばいいのに…

そんなことを考えている時に
「森林環境教育戦略会議2005in白川郷」(主催:全国森林組合連合会)が開催されました。

おぉ!「環境教育」と「森林教育」が混ざってる!
どんな方が参加するのだろう??と楽しみに参加しました。

・・・やはり両極端の方はあまり来られないのですね。
特に、全森連主催なのに林業関係の方の出席率が良くなかったようです。

ただ決してこのような集まりは無意味なものではなく、
いろいろな成果もありました。
その成果は「白川郷宣言」↓としてまとまっていますので是非ご参照ください。
http://www.zenmori.org/feenet/index.shtml

年1度の集まりで、継続的な動きになるのか疑問です。
集まりやすい東京で各プロジェクトのワーキンググループを作って、
実施スケジュールも決めて・・・
せめて、このぐらいはやりたいところです。

やろうかなぁ…。