寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< 企業は森林ともっと関われるのでは? | main | 環境教育?森林教育?森林環境教育?? >>
森林だってムーブメントを!
先日、森林ボランティアの体験ツアーに行ってきました。
体験の内容はノコギリでの間伐と、森林に親しむ企画など。
40名弱の参加者うち間伐の未経験者がほとんどで、
間伐した本数は4時間で3〜7本/人というところでしょうか…。

林野庁は地球温暖化防止をはじめ、
健全で多面的な機能を発揮する森林を育成するため、
概ね90万ヘクタールの森林を、緊急かつ計画的に整備する
「間伐等推進3カ年対策」を打ち出しています。
その対策を推進するための条件整備として、
「森林環境教育や森林ボランティア活動への支援を通じて、
間伐等森林整備の重要性に対する国民意識を醸成する」とあります。

作業量だけをみると、90万ヘクタールを目標にしているのに、
森林ボランティアのペースでは期待するわけに行かないですよね。
もちろんボランティアでもチェーンソーを使いこなす、
プロ級の技術を持った方もたくさんいますが、
林野庁が期待する森林ボランティアは「国民意識の醸成」なのです。

でも、「国民意識の醸成」が目的なら、
クール・ビズぐらいのムーブメントを起こせないのでしょうか?
林野庁でセンスがないから無理というなら私たちがやるしかありませんね!
当社でもいろいろと企んでいますが、
もしご興味があれば、一緒に仕かけていきませんか?
| spfarm | 都市と森林 | 18:20 | comments(3) | - | - | - |
本当ですね。何かしらムーブメントを起こせれば、林業関係も産業としてステップアップすると思います。また、林業は山野部で行われるのが常識ですが、平地林なんかもりようできるのでは・・そして、そういった産業に若い方達が多く参入することによって、少しでもニートや引きこもりなどが解決するといいと思うのですが・・・
| | 2006/01/17 10:18 AM |
プレゼントツリーでもっと動いてみますか?
国内でも始めだしたよ〜!!まずは北海道を皮切り♪
| のり@ER | 2006/02/13 3:29 PM |
コメントありがとうございます。

> そういった産業に若い方達が多く参入することによって、少しでもニートや引きこもりなどが解決するといいと思うのですが・・・

いいですね!
最近、林業も農業も高齢化しているので、
若い人たちが関わると活気が出て、
農山村の方々も元気になるし。

プレゼントツリー、ついに国内始動しましか!
おめでとうございます。

今は年度末に向けた仕事でバタバタしてしまっているのでが、年度明けぐらいから本格的に考えようと思ってます。
ぜひぜひ、協力してください。
| S.P.Farm | 2006/02/13 3:41 PM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール