ここ十数年、当社では林業や森林ボランティア、あるいは林野行政等に係る方々の人材育成事業に携わってきたことについては、ことあるごとに紹介しておりますのでご存知の方も多いかと思います。只ここ数年、その対象となる方々や実施する事業内容の傾向が少しずつ変わってきています。以前は、例えば林業であれば、林業知識や技術を学び個人的なスキルの向上を目指すための事業がほとんどだったのですが、昨今は、他人にその知識や技術を教える人、さらには組織やチーム等の指導者(リーダー)になる人を育成するための事業が増えてきています。その背景には、研修等への参加や自己研鑽により個々の能力の平均値が向上してきたことと、その一方でその能力が組織やチーム等でうまく発揮させられない、あるいはある一定の能力を持った人は部下や後継者を育成する立場になってきたということがあるのではないかと考えます。今や、林業や森林ボランティア、さらには林野行政までも組織やチーム力が問われてきており、役割の明確化による業務の分業化も進んできています。以前のような、少し厳しい言い方をすれば“自己満足型の知識と技術の習得や向上”だけでは現場が回らなくなってきているのが実態なのだと思います。特に林業の現場においては死傷災害も減っておらず、全産業の中でも突出して多い状況が続いています。そのため、以前から現場における技術・安全指導の改善が求められていますが、高い林業技術と同等に重要な“他人に教えるための技術”を学んだことがほとんど無いこともあり、必要な指導ができていないのが実態です。旧態依然の「技術は見て、盗んで覚えろ!」の精神がまだ抜けていないのもあります。只これは、現場の技能者だけの問題では無く、技能者が従事する事業体経営者の考え方や問題意識の欠如が根底にあることも少なくありません。また、この状況は現場に限ったことでは無く事務職においても同様です。
 その一方で、そのことに対する危機感や問題意識を持ち始めた現場技能者や経営者が出て来ていることも事実です。それ故に教える人や指導者を育成するための研修等の実施を希望する、あるいはそこに参加する者が増えてきているのだと思います。私も、この“教え方や指導方法を教える”ことがここ数年の特に林業界にとって重要なテーマになってくると考えています。現場である程度の知識や技術を磨き、経験を積まれた方を指導者にしていかなければ、この業界における慢性的な指導者不足は解消されませんし、ノウハウも継承・蓄積されません。ただ、“教え方や指導方法を教える”ことは容易いことではないのも事実です。何故なら、教えたから、指導したから相手がそれを理解し、できるようになるとは限らないからです。教えた、指導した結果、相手がそれを一人でできるようになったという事実があって初めて教えた、指導できたことになるからです。集合研修、個別指導、OJT指導でもそれぞれに教え方は異なります。教える相手がどのような人なのかを事前に情報収集し、どの程度の距離感や関係性を保ちながらどのような方法で教えていくのか、これを確認しながら、時には方法を変えて繰り返し実践していく必要があります。時間と手間はかかりますが、おそらくこの程度の事までやらないと死傷災害も減少しないし、事業体や林業の発展もないのではないかと思います。
実は、“教え方や指導方法を教える”ことの重要性については、私のみならず業界に関わる教育機関やその担当者からも指摘されるようになってきています。また既に、個々の事業体でも指導者の育成に熱心に取り組んでいるところもあります。今後は、その方々とも協力させていただきながら、“教え方や指導方法を教える”研修や個別指導の開発と実践に努めていきたいと考えています。
コメント
コメントする