7月に入り、立て続けにフォレストリーダー(以降、FLの記述)研修に一部の科目の講師として参加してきました。FL研修は林業の担い手の中の現場技能者を育成する「緑の雇用事業」の一環として、主だった都道府県単位で実施されています。参加条件としては、林業の現場技能者として5年以上の経験を有する者であり、中には20年以上の経験を有する方もいます。研修科目は全7科目、17項目の単元に分かれています。私が講師として参加したのは、このうちの1科目「無災害の推進、チームワークとコミュニケーション、業務効率化の推進、組織と人のマネジメント」で、幅広い要素が含まれています。FLは現場でチーム(班)単位で仕事をする上でのリーダー(現場管理責任者)に必要な能力を身に付けることを目標としており、単なる現場技能者では無くリーダー論や指導論といった点についても学ぶ必要があります。私が参加したFL研修は、いずれも研修初日のいわゆるオリエンテーションも兼ねた時間に置かれていたため、今年度の研修のために改訂された研修生のための「FL研修の手引き」を活用して、研修の目的や位置づけ、FLのあるべき姿、研修全体の構成まで説明することができたので、研修生も研修における自分の目標設定がある程度できたのではないかと思います。

その一方で、これまでの林業の現場においては、伐倒・造材・運搬技術を身に付けることしか求められてこなかったり、自らも考えてこなかったという方も少なからず存在しており、「リーダーと言われても・・・」と戸惑った様子を見せる方もいました。
私は、この「伐倒・造材・運搬技術を身に付けることしか求められてこなかったり、自らも考えてこなかった」ことが林業の現場における大きな問題だと思っています。林業の現場で働く人を“作業員”という言い方をしています。現場の作業員は、自分以外の誰か(会社や森林組合の偉い方・上司等)が指示した通りに作業をすれば良いという考え方や、慣習が多くの林業経営体の中にあるように思えます。確かに、それでもよかった時代も過去にはあったのだと思います。ただ、林業の再生、成長産業化に本気で取り組むのであれば、林業経営体はもっと戦略的・戦術的に経営(事業)に取り組む必要があると考えます。森林資源、政策・制度、市場動向、雇用・働き方、人材育成、最先端技術等を科学的視点に立って分析し、ビジョンと計画に基づいて実践・改善していかなければ経営が成り立たなくなってくることは、既に多くの林業関係者は気づいているはずです。

それでいて何故動かないのか・・・。おそらく林業経営体の経営者(の考え方)が変わらない、変わりたくない、あるいは変えるにしてもどのように変えたらよいかわからないということが一番大きな要因だと考えます。勿論、経営者の世代交代や若返りが進み、改革に向けて動き出している経営体(者)も増えてきています。変わらない、変えたくない経営者はどうすることもできない(淘汰されてよいの)かもしれませんが、変えたいけど何をどうしてよいのかが分からないと本気で思っている経営体(者)に対しては何かしらのサポートができる、いや、もしそこに雇用されている若い担い手がいるのであれば、積極的にサポートをしていかなければいけないと思います。
改善・改革に向けた意欲と勇気のある経営体(者)の掘り起こしとサポートが出来るのであれば当社としても取り組んでいくつもりです。
コメント
コメントする