寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< 季節の移り変わりを最も感じる時期 | main | 森林・林業の成長産業化に向けての人材育成のあり方 >>
伐木作業等の安全対策の規制
 2019年2月12日に厚生労働省において、伐木作業等における労働災害を防止するために、労働安全衛生規則の一部を改正し、伐木作業等における安全対策を強化するという公布が出されました。これには、林業における労働災害による死亡者数が年間40人前後で推移しており、平成23年度以降改善がみられていないこと。また、死亡災害の約6割がチェーンソーによる伐木作業時に発生しているということが背景にあるようです。
しかもこの改定で注目したいのが、その対象が、林業、土木工事業、造園工事業など、業種にかかわらず、伐木作業等を行う全ての業種となっているということです。つまりは、どのような業種でもあっても、チェーンソーを使って仕事をする全ての者が対象となるということです。

改正内容の詳細については、厚生労働省のホームページをご覧になっていただきたいのですが、主には「チェーンソーによる伐木等の業務に関する特別教育の内容の統合と時間の増加」、「伐倒作業時に受け口を作るべき立木の胸高直径を40僂ら20僂乏搬隋廖◆屬かり木の速やかな処理の義務付けと、かかり木の処理における禁止事項の規定」、「立木の高さの2倍に相当する距離を半径とする円形の内側に、伐倒作業をする労働者以外の労働者の立ち入りの禁止」、「チェーンソーによる伐木作業を行わせる事業者、作業を行う労働者に対する下肢の切創防止用保護衣の着用の義務付け」、その他の改正を行うとのことです。

死亡事故や災害を減らすために、このような改正を行うことは不可避なことだとは思いますが、これが守られなければ何の意味もありません。特に“林業の成長産業化”を目指す林業界にとっては、“確実に遵守する”越えなければならない大きなハードルでもあります。
伐木作業等を行う事業者やその労働者は小規模で、また常に現場で働く方々が多いため情報の周知に時間を要したり、その重要性と緊急性を十分に把握されていないこともあり、多方面から多手段によって当改定内容を周知させ、対応していただくよう促していく必要があります。
当社といたしましても、今年度もいくつかの研修事業や事業体へのサポート事業に携わらせていただくことになると思いますので、本件につきましては声を大にして訴求していくつもりです。
皆様方におかれましても、是非とも周知拡大へのご協力をいただけましたら幸いです。
| spfarm | - | 11:12 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール