寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< 森林環境税・譲与税の導入 林業の成長産業化にどのようにつなげるのか | main | 外の風にあたる >>
ICT等を活用した路網整備推進技術者育成研修
6月に配信しましたS.P.Farm通信でも少し触れましたが、いよいよ今年度より、林野庁でも林業成長産業化総合対策の一環として、ICT等を活用した、とりわけ路網整備に係る高度技術者を育成するための各種事業が始まりました。当社においてもその中の一つである「ICT等を活用した路網整備推進技術者育成事業」に関わらせていただいています。

国内の林業界におけるICTの導入は、欧米と比較するとかなり遅れをとっていながらも、数年前から少しずつその活用が始まっており、ここ1〜2年で急激に脚光を浴び始めたように思えます。とは言いつつも、ハード・ソフトの両面でも、またインフラにおいてもまだまだ開発半ばといったところで、これから本腰を入れて取り組んでいくことになるのだと思います。どのくらいのスピードでICT化が進むかは未知数ではありますが、林業就労者人口は確実に減少しながらも、国産材の利用拡大に向けて様々な対策が講じられていくことは確実であり、林業界全体でICT化を推進させていくことは必要不可欠な時期にきているのは間違いないと思います。

実際の研修では、ICT関連の様々なソフト(ツール)の操作(活用)方法等についても学びますが、そこは単なる技術の習得ではなく、そのツールを最大限活用しつつ、いかに高効率かつ低コストで木材を搬出する路網を設計するか、またその結果、その地域での林業の成長産業化にどのようにつなげていくか、その構想を描ける者を育成するためのカリキュラムで構成され、講義、演習、現地実習を行います。また研修は、中央(都内における集合)研修が全5回、その後全国7ブロックに分かれての現地研修が各1回ずつ開催されることになっています。ちなみに、本日現在においては中央研修の第4回目が終了したばかりです。受講生は、国や都道府県、市町村の行政担当者をはじめ、民間企業や森林組合の職員等様々で、そのほとんどが初めてICTを学びにきた方々です。
研修を企画・運営する側も同様で、専門講師(研究者や技術者)の力をお借りして、手探りながら必死になって対応しているというのが実情です。

新しい(研修)事業を立ち上げる時というのはそういうもので、その時の苦労が良いものを創り上げる原動力となると信じていつも取り組んできました。
おそらく、本研修が今後林業界において増えてくるであろうICTに関する様々な研修、あるいは林業4人材(森林総合監理士(フォレスター)、森林施業プランナー、フォレストマネージャー等の統括現場管理責任者、森林作業道作設オペレーター等)を企画・設計する上での一つの基準、あるいは道導になるものと思いますので、我々もそういう視点で学べることはしっかり学びながら、研修自体の成果も出せるよう今後も挑んでいきたいと考えています。
| spfarm | - | 09:20 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール