寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< フォレストマネージャー研修に参加して | main | 緑のボランティア活動助成セミナー2018 >>
北海道におけるプランナー実践研修に参加して
先般、久々に北海道での森林施業プランナー育成研修に参加するために帯広市に行ってきました。今回の研修は、北海道庁と全国森林組合連合会の共催によるもので、プランナーのスキルアップを兼ねた実践型の研修で、自ら林分調査したデータを使って施業提案書を作成し、さらにはそれを以って森林所有者に模擬提案するという内容のものでした。どの地域の研修も参加する研修生のプランナーとしての経験年数には幅があり、今回の研修でもプランナーの仕事を全く行なったことが無いという方も散見されました。そういう意味では、研修の成果や満足度についてもそれぞれに差があったものと感じます。

一方で、今回の研修では私にとってもいくつかの発見がありました。
一つ目は、やはり他県とは交わらない北海道単独の研修であり、研修生も北海道(特に今回は十勝近隣の者)内で実施するため、既に仲間意識が高く、言わずとも自然にお互い協力し合いながら研修に参加しているという点。
二つ目は、北海道庁の職員の参加者(指導やサポート役)が5名と多く、熱心に(手厚く)指導していたという点。
三つ目は、模擬提案会の森林所有者役を実際の指導林家に依頼して来てもらっていること。しかも、研修生にとっては厳しくも的を射た質問やアドバイスを行なっている点。そして最後に、研修生から「スキルアップ研修だというので参加したが物足りない!」、「他の地域のプランナーはどのような仕事をしているのか、もっと交流が持てるような機会を設けてほしい!」等の意見を、自ら全員の前で発信しているという点。これについては個人の資質によるものとも言えますが、たとえ2〜3年の経験しかないプランナーでも、自分の考えや意見をはっきりと北海道庁の職員や全森連、北海道森連の職員に言えるその風土があること、その関係性が出来ているという点では、それらの担当者と頻繁に接していて距離が近いということの表れだと感じました。他県の方には申し訳ないが、やはり北海道には他にない一体感のようなものがあります。
ただ、それを北海道庁の職員に言うと、「確かにお互いの距離感が近く良い面もあるが、手厚く接することで甘えが生じてしまい、スキルアップにつながっていないのではという懸念もある。」と言っていました。確かに、指導者と指導を受ける者との距離感をどのように保つのかは重要な要素です。それでもプラスに働いている要素については、他県にもっと広げられるのではないかと思っています。北海道の人材育成に係る思いや考え方、体制、指導方法についてもう少し研究し、参考にできる要素を他県で行う研修等で取り入れてみたいと思います。

最後に、帯広と言えば豚丼が有名ですが、地元ではインディアンカレーなるものが大人気ということで食してみました。確かに旨い!まだ帯広近郊にしか店舗が無いということですので、訪れる機会のある方は是非とも食してみてはいかがでしょうか。
| spfarm | - | 16:36 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール