寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< これからの森づくり?の主体は女性 | main | 真のリーダーをつくるには? >>
新たな森林総合監理士育成研修に参加して
 林野庁の委託事業として昨年度まで実施してきた森林総合監理士研修が、今年度は林野庁の直轄事業として開始されました。研修は前期と後期に分かれ、前期は東京の高尾にある林野庁の森林技術総合研修所で全3回、後期は北海道地区1回、関東地区2回、九州地区1回というかたちで行われます。今は、前期研修の3回が終了し、後期研修に向けての準備が始まったところです。
私自身、昨年度までの研修では、研修全体のファシリテーターとコミュニケーションとプレゼンテーションの講師を担当していましたが、今年度はコミュニケーションとプレゼンテーションの講義(演習)だけの担当となり、前期のみの参加です。一つの科目しか担当していないので、研修全体の雰囲気や研修の結果等は把握できませんが、研修生の属性としては国有林の担当者と都道府県の担当者が約半々ずつ、その中に民間(民間事業体や森林組合の職員)が各回1〜2名程度がいるといった具合で、皆さん積極的に参加されている様子は伺えました。
当該研修は、森林総合監理士試験対策では無いもの、林野庁としては出来る限り多くの方に受験してもらい、合格者増を目指したいという思いはあるとは思いますが、研修生からしてみれば、これまで接点のあまりなかった国有林と都道府県の担当等と知り合えるよいきっかけになるであろうし、地域林業における問題の共有を図る良い場になっているのではないかと思います。
林業の世界においても民国連携という言葉自体はかなり前から発せられていました。ただ以前は、国有林は特別会計で処理されていたこともあり、なかなか進んでいなかったのが実態のようで、それでも一般会計化されてからは共通する考え方も増え、少しずつですが現場においても連携(協力)のかたちが表れてきたように思います。そういう意味では、森林総合監理士育成研修を、各地域における問題意識の高い、立場の異なる林業の再編に向けた担い手が集まる場として捉えてみても面白いのではないかと思います。これは森林施業プランナーや統括現場管理責任者(フォレストマネージャ―)にとっても言えることです。森林総合監理士育成研修で学ぶ内容は、プランナー研修やフォレストマネージャー研修で学ぶ内容と異なります。もっと広い視点で地域の森林・林業を見る必要はありますが、ある意味これまで学んでこなかったことが学べる良いチャンスととらえることもできます。
学んだことがすぐに役立つかどうかはわかりません。ただ、地域の森林・林業の問題はそこにいる方々すべてに関わる問題であるのは事実です。本来であれば、それぞれ役割の違う担い手が集い、先ずはそこにある問題とそこから導き出せる課題を共有し、その上でそれぞれが担うべき役割を明確にし、業務を遂行していくことが大切なはずですが、そのようになっていない地域が圧倒的に多いように思えます。研修における学びの場は、提供する側だけでなく参加する側でも創造できるはずです。すぐに役立てる研修にするか否かという点においても、ある意味参加者次第とも言えるのです。私個人の勝手な思いかもしれませんが、森林総合監理士育成研修もそのような出会いや学びの場になっていけば良いのではないかと思います。
| spfarm | - | 12:55 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール