先般、ある仕事で北海道登別市にある『NPO法人登別自然活動支援組織モモンガくらぶ』と、苫小牧市にある『NPO法人いぶり自然学校』に取材に行って来ました。両団体ともざっくりと言ってしまうと、自然(主に森林とその周辺地域)をフィールドに、様々な遊びや学びの場を提供しながら人づくりや楽しく住みやすい地域社会をつくる活動を行っています。それぞれの活動にはもちろん特徴や違いがあり、一緒くたに活動内容を説明することはできませんが、私が感じた共通する大きなポイントとして、活動をけん引する主体が女性であること、そしてその活動に協力するボランティアの主体も女性(特に子育て世代のお母さん)、さらにはプログラム等に参加するのも女性(お母さん)とその子供たちであるということだと感じました。(スタッフや協力者には男性お父さん方もいます。)もちろん本格的な林業をするわけではありませんが、子育てにおいて子供たちに自然体験をさせたいというお母さん方の潜在的ニーズを見事にくみ取った活動(アクティビティ等)を提供、発信しつつ、子育てと思って協力・参加する中で、その活動を通じた副産物として、景観的にも美しい多様性のある、人が集まる森をつくっているのです。
男性(特に団塊の世代層)が取り組んでいるような間伐支援隊のような活動とは全く異なりますが、誰もが自由に参加しやすいような仕組みをつくっていることもあり、ネットワーク(絆)、地域づくり、教育、健康・休養といった様々な面から見ても大きな価値のある活動だと感じました。このような活動が全国に広がれば、今まで森に関心・関わりのなかった方(無関心層)等も森に対する見方がずいぶん変わってくるであろうし、森という資源の活用方法も地域ごとに多様化していくのではないかと思います。
恐るべし、女性(特に子育て奮闘中のお母さん方)のパワー!です。

この二つの団体やその活動の詳細につきましては、下記のそれぞれのホームページをご覧になっていただければと思いますし、機会がありましたら是非一度伺ってみてはいかがでしょうか。

NPO法人登別自然活動支援組織モモンガくらぶ   
NPO法人いぶり自然学校

短い時間の取材でしたが、私も森を新たな視点で見ることができました。
コメント
コメントする