平成28年度「緑の雇用」現場技能者育成推進事業の一環として、これまでにフォレストマネージャー(統括現場管理責任者)育成研修に受講された方々の“研修参加後の活動”を取りまとめた『フォレストマネージャー活動事例集(発行:全国森林組合連合会)/取材・原稿執筆・編集:当社』が発刊となりました。フォレストマネージャーは、「緑の雇用」事業における現場技能者の中で最も高度な知識と技術を保有する者として位置づけられ、平成28年12月末時点で約400名もの方々が研修終了者として農林水産省に登録されています。

一方で、画一されたフォレストマネージャーの姿があるわけでないことから、以前より実際にフォレストマネージャーがどのような活動を行っているのか、あるいは所属する事業体の中でどのような位置に置かれ業務を担っているのかわからない等の声が多く聞かれました。そこで本誌では、北海道から鹿児島県まで全国14の林業事業体に所属するフォレストマネージャーを取材し、研修参加のきっかけ、研修で得られたことや感想、研修以降における取り組み(フォレストマネージャーとしての活動)、成果や課題、今後の目標等について紹介することにしました。フォレストマネージャーの業務は、地域性や事業体の特徴、規模、置かれている立場で大きく異なり、それぞれに苦労や工夫があることがわかります。

当社では、当該研修事業にも当初から関わらせていただいており、取材した方々とは面識はあるものの、やはり研修という現場であったため、個々の業務の詳細まで知り得ることはできませんでした。しかし、今回改めて所属する事業体に伺い、取材し、一対一で話を聞かせていただく中で、すべての方々が所属する事業体を背負っている立場にあり、またその覚悟と責任を持って業務に就いているということを痛感することができました。ある意味、“感動した!”と言っても過言ではありません。

今回は予算と時間の都合もあり、14名のフォレストマネージャーの紹介に留まりましたが、全国には他にも様々なかたちで活躍するフォレストマネージャーがたくさんいるはずです。そのような方々の考えや日頃の取り組みを、どのようなかたちであれ数多く紹介(周知)することができれば、フォレストマネージャーの社会的地位の向上や、次にフォレストマネージャーを目指すフォレストリーダーやワーカーのモチベーションの向上、林業従事者(担い手)の増強にもつながるのではないかと考えます。

また一方で、取材の中でフォレストマネージャー研修のさらなる充実に向けた期待が大きいということも判明しました。とりわけ、林業技術の取得から“監理者”としての高度な能力(例えば全体コストの把握と活用、組織・チームづくり、組織内教育、全体マネジメント他)の習得に対するニーズが高いようです。そういう意味では、平成23年度(準備期間を加えると平成22年度)に策定された現研修カリキュラムを見直す時期になってきたのかもしれません。いずれにしましても、如何にして受講生の身になる研修にしていくかという点については、研修の企画実施者にとっての重要な使命だと考えますので、次年度以降も研修事業に関わらせていただけるのであれば、それをしっかりと踏まえ、常に最善を尽くせるよう取り組んでまいりたいと思います。
コメント
コメントする