寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< 森林の魅力を世間に拡げるためには林業事業体の育成が大切 | main | 森林施業プランナーの皆さんの成長ぶりに脱帽 >>
平成27年度の事業をふりかえる
平成27年度の当社の事業をふりかえると、やはりその中心にあったのは森林・林業の担い手の育成だと言えます。林業の4人材のうちの3人材である森林総合監理士、森林施業プランナー、現場技能者のうち統括現場管理責任者(フォレストマネージャー)の育成事業に関わらせていただきました。いずれの事業においても成果と課題両方ありますが、人材は研修や指導等を受けるだけで育成されるわけでは無く、学んだことを現場で活かし、応用していくことで力が付いてくるので、そのことに対する研修や指導を受けた者が所属する組織の理解と、それが出来る体制づくりが大切になってきます。しかしながら、その多くがそのような状況になっていないというのが現実だと感じています。これは、行政、森林組合、民間事業体いずれにも共通して言えることです。今後は、研修や指導に送り出す側(組織の担当者)にも指導、あるいは意識改革や体制づくりをサポートしていくことが大切だと思います。

また、講師不足、講師の指導力不足(レベル差)も大きな課題だと思います。これは単に共通の指導要領等をつくるということだけに留まらず、“伝わる教え方”について学べる機会をもっと設ける必要があると思います。さらに重要なこととして、特に研修を企画設計できる者の育成、あるいはその道のプロが研修や指導の企画設計をサポートできるような体制・仕組みづくりが必要だと思います。立派な講師や教材がそろっているにも関わらず、企画設計が上手く出来ていないばかりに“学び手のための研修”になっていないということも少なくありません。いずれにしましても、森林・林業の分野における人材育成はまだまだ課題が多く、これを一つひとつ乗り越えていくことが今後も大切だと改めて感じている次第です。

他方、木の価値をさらに高め、木の需要を拡大させていくことの重要性について再認識させられる事業にも参加することができました。それが「第1回ウッドデザイン賞」です。
日本全国には、木の特徴やモチーフを活かした製品やサービスを創りだす作家やデザイナー、プランナーなどがたくさんいます。そのような方々の作品を評価・表彰するのが「ウッドデザイン賞」です。昨年12月に東京国際展示場で開催したエコプロダクツ展で受賞作品が展示されましたが評価も高く、非売品でありながらも購入を希望する方々が大勢いました。やはり木を愛する人は多く、よいものをつくれば売れるということを実感させられました。木の価値を高めるということは、そのような製品やサービスを創りだせる作家やデザイナー、プランナーを発掘し、それらを求める人たちとつなぎ合わせることでもあると思います。

上記二つの事業は一見まったく関わりのないようにも思えますが、人材育成事業に参加した事業体の他の部署の人が木工製品をデザイン、製作していたり、地元の作家やデザイナーに材料を提供していたり、行政関係者であれば林業や木材を軸にした地域活性化担当であったりと、実は何らかの形で関連している(つながっている)ことが多いのです。

来年度は、そのつながりを明確にすることと、当事者同士そのことに気づいてもらい、それぞれで木の価値をどのように高め、それをどのように売り、地域林業と地域社会の活性化につなげていくかということを自ら考え、行動(発信)してもらえるようなきっかけをつくって(提供して)いくことを当社の目標の一つに掲げたいと思います。
| spfarm | - | 16:00 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール