寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< ウッドデザイン賞2015 | main | 森林の魅力を世間に拡げるためには林業事業体の育成が大切 >>
森林・林業の再生・発展の要は組織づくり
ここ数年、森林・林業再生・発展の担い手である森林施業プランナーや森林総合監理士(フォレスター)、現場技能者(フォレストワーカー・リーダー・マネージャー)、さらには森林保全を行うNPO等の人材育成に関わってきました。それぞれ役割は異なりますが、いずれも重要な存在です。研修等ではそれぞれに必要な知識や技術を学びつつ、志と意欲を持って地元に送り出しているのですが、十分にその力が発揮できていないのが実態です。理由はいろいろあると思いますが、一番大きな問題はそれぞれが所属する組織にあると私は考えています。個々にある程度の力と、一番重要なやる気を持って帰っても、それを上手く活用するだけの組織の理解と力が不足しているのです。
民間(林業)事業体、森林組合、行政いずれも同じです。異動も頻繁にあり、縦割りで担当が明確になっている行政のほうがむしろその傾向が強いかもしれません。

森林・林業の再生・発展に向けては、それぞれ関連する役割の異なる者がチームを組んで、一丸となって取り組んでいかなければ変わりません。必要なのはチーム力です。目標を共有し、それぞれの役割と責任を果たしながら、協力・連携しながら推進していくのがチームです。チームは結果を出さなければなりません。結果を出さなければ単なるグループでしかありません。つまりは、組織はチームであって、単なるグループであってはならないのです。でも実際には、森林・林業の担い手が所属する組織が単なるグループになっているというところが多分にあるのではないでしょうか。

チームとグループの大きな違いは明確なリーダーの存在の有無です。チームにはリーダーが必要です。リーダー=役職ではありません。実態を持ってチームをまとめていける人です。今、森林・林業の再生・発展を担う組織にはこのリーダーが圧倒的に不足しているように思います。今後の林業の発展に向けては、各セクターの中でしっかりとしたリーダーを育成していくことこそが重要なポイントだと思います。
併せて、このリーダーの力を十分発揮させられるだけの体制を構築することも必要不可欠です。この体制は、例えばサッカーのように、状況に応じてポジションを臨機応変に変えながら戦えるような柔軟を持つことが必要です。いくら優秀なリーダーやメンバーを育成しても、それが上手く機能するような体制が構築されていなければ意味がありません。リーダーの育成と体制構築はまさに表裏一体のものだと言えるのです。

まだまだ縦割りの組織が多い中、これをどう変えていくかが大きな課題になりますが、心同じくされている方々はたくさんおられますので、是非力を合わせてこれに取り組んで行きたいと考えています。
| spfarm | - | 14:43 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール