ここ数年、当社では林業界の様々な人材育成事業に携わらせていただいております。その多くが国(林野庁)や都道府県等に係る森林施業プランナー、フォレストリーダー・マネージャー、准フォレスター、緑のボランティア等の育成事業です。行政がクライアントとなる事業のほとんどは、管轄する担当部署が異なるいわゆる縦割りの体系となっており、上記4つの人材育成事業もその体系の中で組まれています。それぞれに担当部署があることは決して悪いことではなく、むしろ育成すべき対象者のみに意識を集中することができ、スペシャリストを育成するという点では理にかなった体系なのかもしれません。

その一方で、現代林業の現場においては、育成しようとするスペシャリストはそれぞれの役割を持ちながらも、お互い連携・協力して業務を遂行していく方向に変化してきていることから、それぞれの分野のスペシャリストを育成していくだけでは、現場で機能しないという声が当事者であるそれぞれの分野のスペシャリストから上がってくるようになってきました。役者は揃っているのに、地域の森林・林業のビジョンを示す共通のシナリオが無く、役者同士を絡ませる演出家もいない状況です。この共通のシナリオの明確化と演出役の担い手の育成こそが、今日の林業界において必要不可欠なことだと考えます。
幸いなことに、両者ともゼロから構築する必要はありません。前者は市町村森林整備計画や森林経営計画であり、後者はフォレスター、あるいはプランナーが役者と兼務することで担えます。問題は、役者が集まり共通のシナリオとそれぞれの役割を確認、共有する場や機会が無いということです。これまで、人材育成のための研修(OJT含む)の中でもそのような機会を積極的につくっていませんし、現場においてもビジョンの構築や共有、協力・連携づくりをテーマとした会合等はほとんど行われていないのです。
必要性をある程度感じながらも、「どうやって」が分からない場合が多いのです。

だとすれば、そのような場、機会をつくるための提案や仕掛けづくりをしていくのが、4つの人材育成事業に携わらせていただいている当社の役割なのではないかと思っています。無論、当社の力だけではたいしたことはできるはずもありません。周りにいる様々な力ある方々と一緒に取り組んでこそ成しえるミッションだと思います。越えるべき山は高いかもしれませんが、次なるステージに向けて、林業界における人材育成の一助を担える企画・コーディネーター役として、今後も務(勉・努)めていきたいと考えています。
コメント
コメントする