寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< 森林施業プランナーが定着 | main | 異常気象にどのように対応する? >>
木材流通コーディネーターの育成と活用
いわゆる川上(森林所有者や木材生産者)と川中(木材加工・製材、パルプ、バイオマス関連会社等)、そして川下(施主、工務店、ハウスメーカー等)をつなぎ、木材の流通における調整役を担う木材流通コーディネーター(木材コーディネーター、木材需給コーディネーターとも呼ばれる)に対する期待が高まっています。

一言で木材流通コーディネーターといってもタイプは様々です。家を建てる施主と森林所有者や木材生産者の間に入り、顔の見える関係性を築く中で木材の価値や文化、技術等も一緒に流通させ(伝え)る地域密着系のコーディネーター、全国森林組合連合会や都道府県森林組合連合会等の森林組合系統のコーディネーター、昨今県によってはその育成に非常に力を入れている民間企業系のコーディネーターなどです。地域密着系の市場は小規模ではありますが、社会性という視点で見ると大きな意味があり、市場としてもきちんと確立させていく必要があります。一方で、森林組合系と民間企業系のマーケットは膨大であり、地域によって競争相手、協力相手という相反する立場、関係性になっています。

今、この中に木材の需給、流通を促す統一したシステムや体系は無いと思っています。無論、競争の原理があるので、事業体毎にシステムやサービスを構築しているところはいくつもありますが、あくまでも事業体毎なので、市場全体に影響力を及ぼすほどの大きな力にはなりません。現に一部を除き、川中にいる製材・加工会社やハウスメーカーとの力関係を見ると、劣性であると言わざるを得ません。

そういう意味で、今後、それぞれ立場の異なるコーディネーターがそれぞれの立場や役割を確認・共有し、需給情報等についても共有しながら、市場の中で影響力を持つコーディネーターとしてその業務に取り組んでいく必要があるのではないかと思います。では、誰がその調整役になるのかということですが、個人的にはやはり全国に系統組織のある全国森林組合連合会や都道府県森林組合連合会なのではないかと思っています。国(国有林)は、民間を阻害するようなことは出来ませんが、市場の中では少なからず影響力を持っていますので、国との調整・連携も必要になってきます。それができるのは、やはり森林組合系統だと思います。群馬県などでは、群馬県森連が、一部ではありますがそのような機能をはたしています。

いずれにしましても、これからの木材流通コーディネーターは、現時点での市場の力関係や状況を踏まえ、市場全体を通じて、今、本当に必要なコーディネート業務とは何なのかというのをきちんと検証し、その像を明確にした上で育成していく必要があると考えます。
| spfarm | - | 19:42 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール