寄り合いひろば

森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ
S.P.FARMが提供する当ブログは、 森林を取り巻くさまざまな立場の方々とつながり、森林と里山の保全・有効活用を実現する「寄り合い」の場です。
S.P.FARMは 都市と農村、企業と森林をつなぎ、新しい “森林活用のかたち”をご提案することで、 日本の森林・里山を有効的に活用する新しい社会システムの構築をめざします。
  「企業との連携による森林再生・活用プロジェクト構想」http://www.sp-farm.com/moriduku.html(S.P.FARMのHP内)も是非ご覧ください。
<< 森林施業プランナー認定制度 | main | 色彩々 >>
出張先での気分転換
今年は例年と比較しても出張に出ている日数が多くなっています。その大部分が森林・林業に係る研修事業への参加です。研修事業以外の業務も出張先に持ち込みます。日中は研修業務を行っておりますので、それらの業務は夜の時間を使わざるを得ません。そのような日々が続くと、体力もそうですが気力が特に弱まってきます。睡眠だけではなかなかとれない疲労感です。これまでは週末に少し体を動かして気分転換を図るだけでしたが、先般、出張先にジョギングシューズを持ち込んでみることにしました。走る時間は早朝しかありませんので“実行不可能”を覚悟してのことです。都市部と違い夜遅く走るのは怪しまれますし、出張先のほとんどが夜になると外灯もまばらで真っ暗になる所ばかりですので、走ることが危険ということもあります。ジョギングシューズを鞄の中に詰めたのは9月中旬頃でしたが、約一ヵ月間はそこから出ることはありませんでした。

でも先週、京都府の日吉町森林組合に行った時のことです。たまたま早朝に目が覚めたということもあり、弱気と眠気についに勝利し40分程度でしたが早朝ジョギングの時間を持つことができました。山から下りてきた朝霧が遠くに見え、空気もピリッとし、彩も匂いも音もすっかり秋を感じることができました。日の出の時間に走りましたのでほとんど人には会いません。そのかわりにこの地に住む動物とは出会うことができました。猫やカラス、鳩などはどこでも見ますのでさほど驚きはしませんが、たぬき、へび、鹿を見つけた時などは、ある種の感動と恐怖を覚えました。日吉町近隣には熊も生息している可能性もあるということですので、すこしドキドキしながらも心地よく走ることができました。たった40分のジョギングタイムでしたが、いろいろな発見や出会いもあり、普段では決して経験できない大きな気分転換になりました。

本日も出張先にいます。今のところ、明日も早朝ジョギングに出るつもりです。
| spfarm | - | 19:10 | comments(0) | - | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
◆ 新着記事
◆ コメント
◆ カテゴリー別
◆ バックナンバー
◆ プロフィール